基本となるのは、
魚たちが餌にしている小魚や水生昆虫、陸上昆虫などを
完成フライにして魚たちに提供することです。
その前提に魚たちが何を食べているか理解するのが基本です。

トラウトは主食の90%以上が昆虫と言われています。
とくに通年で捕食しているのは
・カゲロウ(メイフライ)
・カワゲラ(ストーンフライ)
・トビケラ(カディス)
・ユスリカ(ミッジ)
・ガガンボ
・陸生昆虫
に代表される昆虫になります。

魚たちを知る事が大切です。
昆虫を知る事が非常に大切になります。

羽化時期や種の確認などは、コチラをご確認ください。

フライフィッシングで重要と思われる種をメインに説明しております。

 



・カゲロウ(メイフライ)



・カワゲラ(ストーンフライ)



・トビケラ(カディス)



・ユスリカ(ミッジ)、ガガンボ


 

下に簡単に記載しています。

詳しくは、上のリンクからご確認ください。

国内の水生昆虫のハッチ時期は


■カゲロウ
・マエグロフタオオカゲロウ 3月
・オオフタカゲロウ      4〜5月
・チラカゲロウ         5〜6   9〜10月
・エルモンヒラタカゲロウ   5〜6     9〜10月
・シロタニガワカゲロウ    5〜7月
・フタバカゲロウ         5〜11月
・ウスバコカゲロウ       9〜10月
・オオマダラカゲロウ     4〜5月
・アカマダラカゲロウ     4〜6     8〜10月
・クロマダラカゲロウ     4〜6月
・モンカゲロウ         5〜6月
・フタスジモンカゲロウ    6〜7月  9月

カゲロウは「メイフライ」って呼びます。

フライフィッシングは独特な用語や外来語が多く使われますので、
徐々に知らない方は覚えていきましょう。

変態は
幼虫→亜成虫→成虫です。

フライフィッシングでは
ダン→スピナー→アダルトと呼びます。


メイフライは、
イマージング・ピューパ
イマージャー状態では水面羽化型をイマージング・ピューパと呼びます。

イマージング・アダルト
イマージャー状態では水底羽化型をイマージング・アダルトという 。

フローティング・ピューパ
脱皮のため水面に浮かんだ状態をいう

ハーフィマージド・カディス
水面で浮かんだ状態からの脱皮行動をいう

イマージド・カディス
完全に脱皮した状態をいう

フラッタリング・カディス
脱皮して、陸にあがるまで水面を走り回る状態をいう

ダイビング・カディス
メスが産卵のために水中にダイブすることをいう

スティルボーン
イマージング状態からハッチ行動へと向かった個体が、何らかの理由により、
脱皮殻を引きずったまま飛翔できないで水面にとらわれている状態。やがて絶命する。



■トビケラ
・ヒゲナガカワトビケラ    4〜10月
・ウルマーシマトビケラ   4〜9月

カディスは省略名で、本来カディスフライと呼ばれ、日本語ではトビケラと言います。
カディスはラーバ(幼虫)、ピューパ(蛹)、そしてアダルト(成虫)へと完全変態する水生昆虫です。
幼虫期の特性により5種類に分類されます。
フリーリビング・カディス、サドルケース・カディス、ネットスピニング・カディス、
チューブケース・カディス、パースケースカディスの5種類です。
エルクヘアー・カディスは世界中で最も有名なパターンです。
国内でもパイロットフライに使われる事も多く信頼させているフライ。

どんな状況で使う事が定番だろうか。
人によっては年中無休使う人もいるくらい万能です。
冬以外は常に何らかの種がハッチしていますので、
個人的には夕方のハッチに合わせて使うのでオススメです。


■カワゲラ
・オオヤマガワカワケラ   5〜8月
(地域により多少の誤差があります。)

気温が暖かくなる春からハッチが始まります。
夕方に産卵するので、夕方水面でゴソゴソしてます。
よって、ドライフライで狙うなら夕方がオススメです。
大きめの白いフライが定番です、


フライは、この昆虫をイミテーションする事が多いので、
是非理解しましょう。
※雨季や気温・ダムや汚染などにより時期が変わる場合もあります。

中々釣れるまで確信の持てない釣りです。
しかし、羽化の時期などを知っていれば攻めるポイントが分かります。
闇雲にキャスティングするよりも効率が良く、
釣果も上がるはずです。



楽しむ上で虫を昆虫る事は上達への近道です。
トラウトは虫以外にも捕食しますが、やはり一番の捕食対象は水生昆虫になります。
水生昆虫の中で もメイフライ(カゲロウ)・カディス(トビケラ)
・ストーンフライ(カワゲ ラ)・ミッジ(ユスリカ)の4種がメインになります。
それらの生態や形態を知る事は 直接フライセレクションに結びついてきます。
正しいフライを選択すること、その 色や形、
そして大きさを正確に選ぶ事が釣果につながることは間違いの無い事です。
基本的に
・大きさ、色、浮いているか、沈んでいるか、どのステージで沈んでいるか
が一致していればチャンスは十分にあります。
今、捕食しているものをイミテートしたフライを流す事がフライフィッシングの基本です。
それをマッチ・ザ・ハッチと言い、水生昆虫の 羽化に合致したフライを選びそれで釣るという意味です。